教育資金の貯め方

大学受験を考える学資保険

子供が生まれた際に多くの人が検討するのが、学資保険です。
学資保険の加入率は、半数の人が加入しているのが現状です。
それだけ、将来の教育費に対して、不安を感じているという証拠でもあります。
子供の将来のために、早い段階から積み立てをしていくことで、確実に教育費をためることができます。

教育費は子供の年齢が上がるごとに、年々増加していきます。
特に大学進学時になると数百万というお金が必要になる場合が多いです。

具体的には、入学金、授業料、教材費、一人暮らしする場合の仕送り、新生活の準備するものなどがあげられます。
これらの費用を急に用意するのは、とても大変です。
なので計画的に貯蓄しなくては、賄うことができません。

また大学受験の前にも、受験対策として教育費より多くかかります。

時代が進むにつれて、大学入学する比率がどんどん上がってきています。
今の子供たちが大学入試を控えるころには、もっと比率が高くなっているといえます。

特に有名大学に進学したいと考えていた場合、私立大学に入学する場合がとてもおいです。
国立の有名大学の倍率はとても高くなっているのが現状です。
なので受かるハードルはより上がってしまいます。

子供が大学受験で合格してもお金がないからいけないという思いだけはさせたくないものです。
だからこそ計画的に学資保険で積み立てる必要があります。

学資保険の多くは大学受験を想定し、18歳のときに多く支給されるように設定されています。
中には大学入試の際に、別途で夏期講習に通ったり塾の回数が増えたりなどより多くの教育費がかかります。
受験に受けるための教育費は、節約するのは難しいですので、17歳の時にも受験対策として支給されるプランもあります。
満足いく教育を受けたうえで、大学受験をさせたいという親の思いも組み込まれた保険です。

教育費としてかかるのは、大学入学のときだけではありません。
各家庭によって、大学受験の対策のための教育費、大学入学、授業料、新生活の支度金などもかかります。
そいった先のことをしっかり見据えてくれている学資保険を選んでおくと、安心して大学受験に臨むことができます。
入学祝い金の付いている学資保険もあるので、ご検討ください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.