教育資金の貯め方

学資保険を見直すタイミング

子供が生まれると多くの人から、学資保険の勧誘を受けます。

地元に帰れば、両親の知り合いの保険員さんからパンフレットが届いたりといった経験がある人もいるでしょう。
またメインバンクにしている銀行に子供と一緒にいくと、必ず案内係の人に学資保険の加入していますか?と聞かれます。
今では学資保険にはいるのが当然で、はいらないほうが少数派なのかなと思うほどいろんなところで声をかけられます。
そこまでいろんなところで声をかけられると、はいらなければいけないのかなとさえ感じるときがあります。

実際、子育て世代の半分以上が学資保険に入っているのが現状です。
学資保険の場合、給付金まで全く見直しする必要がないのでしょうか。

学資保険を契約した際、きちんと契約内容を理解して契約している人はどれだけいるのでしょうか。
学資保険の場合は、払い込み期限が決まっています。
そして給付金の支払い時期も決まっています。

通常の定期型の保険とは、また異なります。
通常の定期型の場合は、払い込みが終了と同時に満期額を受け取る形になります。
しかし学資保険の場合は、払い込みが終了しても給付金が支払われるのは数年先といったプランもあります。
なので本当は今欲しいと思った時の給付金の額が少ない場合があります。

そういったことに気付いた場合、見直してみるのも一つの考えです。

また最も見直しをお勧めする場合は、元本割れをしている学資保険に加入している場合です。
学資保険に加入する人の多くが、将来の教育資金としてとして貯蓄を目的に加入する人が多いです。
それにもかかわらず、毎月の支払額だけ決めてしまい、支払い総額と給付金を比べたらもらえる金額が少ないという場合もあります。

そのような学資保険の場合は、こちら側が希望したわけでもなく、子供の医療保険がセットになっている場合が多いです。
医療保険分が掛け捨てになるため、元本割れが起きてしまいます。
子供の保険を別で加入している人は、二重になっていてももったいないので見直すべきだといえます。

学資保険と一緒に生命保険も見直しするのも必要だと思います。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.