教育資金の貯め方

お受験と学資保険

高学歴化は依然としてその傾向が強く、だんだんその年代も低年齢化し始めています。
大学受験だけではなく、小学校や幼稚園などの受験を考えている人も増えてきています。

もちろん人によって考え方はいろいろです。
まだ自分の意志がない時期に、お受験をさせるのはという人もいます。
ただ早い段階でお受験をすれば、大学進学などに優位であると考える人もいます。
また早い段階で、学力が高いところで学ぶことで、より勉強の質が上がったりまわりの刺激受けられると考える人もいます。

いろんな理湯がありますが、お受験共通して言えることは、とても費用がかかるということです。
お受験の場合、大学までは私学への入学が多いです。

まず私学に入学するまでにかかる費用がたくさんあります。
例えば、今お受験するほとんどの家庭で習い事をしています。
お受験対策の塾や英会話、芸術的な習い事などがあげられます。
そういった毎月かかる費用があります。

それとは別にきまった時期に、まとまったお金が必要になります。

例えば、入学金、授業料がそれに当たります。
毎月の費用は家計のやりくりの中に含まれるものなので、やりくりできるから通うことができるといえます。
それとは別にまとまったお金は、進学する学校によって金額も異なります。
思っていた以上にお金が必要になるといったイレギュラーも考えられます。

そういった時の備えにもつながるのが、学資保険です。

学資保険では、いろんなプランがあります。
主に一番お金が必要となる大学入学に標準を合わせて、計画的に貯蓄することができます。
具体的にどれだけ貯蓄したらいいのかわからないという人、自分で貯蓄の管理をするのが向いていないと思う人にはおすすめです。
毎月決められた金額を銀行引き落としにしておくことで、自動的に貯金をすることができます。

学資保険の多くは元本割れするものが少なく、自分で計画的に貯金をするよりも貯蓄総額が多くなる場合があります。
なので毎月自動で引き落とされれば、確実に貯蓄することができます。

また契約者に万が一のことがあった場合にも、しっかり教育資金として確保することができます。
そういった意味でも安心して計画的に貯蓄できるので、学資保険を利用する人はとても増えてきています。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.