教育資金の貯め方

保障に強い学資保険一覧

子供が生まれてから社会人になるまでには、かなりの教育費がかかります。
幼稚園から大学まですべて国立だったとしても、1人あたり1000万以上かかるといわれています。
もしこれがすべて私立だった場合、1人当たり2000万近くかかると想定しておく必要があるといわれています。
そしてさらに兄弟がいたら、この2倍、3倍と教育が必要ということになります。

これだけの巨額の教育費は、一般家庭で数年でたまるものではありません。
なので長い時間をかけてコツコツと貯めていかなければいけません。
先が遠く感じてしまうかもしれませんが、確実にやっておかなければ後悔する積み立てだといえます。

ただし少しでも効率よく教育資金を貯める方法として、今は学資保険がリスクが低く利息がいい学資保険が多いです。
なので多くの家庭で学資保険を採用しています。

しかし気をつけなければいけないことは、学資保険には貯蓄型と保険型に分かれているということです。
貯蓄目的の人の学資保険は、返戻率が100%以上のものを選ばなければ、ただ損をしてしまうだけです。
ただ保障といった面では、契約者に万が一のことがあった場合、満期額が受け取れてさらに掛け金も免除になります。

もうひとつは保険型で、子供の死亡、入院、手術、けがなどに対して給付金が出るタイプです。
この医療保障に関して掛け捨て部分があるため、保険型の学資保険は必ず返戻率が100%以下になってしまいます。

かといって子供が3歳になると幼稚園に通う世になると、けがや入院などの機会もふえ、子供に対して保険を検討しなくてはいけない時期でもあります。
なので子供に対して、どのような保障が必要と感じるかによって学資保険を選択していく必要があります。

例えば、保障がかなり手厚い学資保険でいえば、かんぽ生命の学資保険です。
例えば、災害、傷害入院、疾病入院の特約が含まれているプランもあります。
子供の死亡に対して一定の死亡給付金もあります。

また親が死亡した場合、保険料の免除だけでなく、育英年金付きのプランが選択できます。
育英年金プランを選択すると、死亡した時から給付金が支給されるまでの間も一定の教育資金が年金のように給付されるということです。

契約者がなくなった場合、今すぐ安定した生活を取り戻すことが大変です。
なので少しでも、安定した収入があることは、安心して生活できるきっかけへとつながります。

ただしどうしても返戻率は93.9%と100%を割ってしまうため、貯蓄目的の人向けではありません。
保障内容重視の学資保険のデメリットともいうべきでしょう。

そのほかにも太陽生命のわくわくポッケという学資保険では、子供が持病をかけている場合でも学資保険に加入できる場合が多いです。
過去に他の保険会社で断られても、太陽生命であれば加入ができたケースが多くみられます。

また太陽生命は子供に対する保証だけでなく、契約者に対しての保障も手厚くなっています。
特約でプラスをすれば、契約者がガン、心筋梗塞、脳卒中の三大疾病になった場合に、育英年金が受け取れるような保証があります。
がん保険に未加入の人、さらに手厚くしたい人にとってはお薦めです。

このように保障に強いということは、学資保険に関しては子供の医療保障と契約者の保証と両方の保障があります。
なのでどの部分を手厚くしたいのか、他の生命保険のバランスも考えて加入するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.