教育資金の貯め方

万が一にも強い学資保険

子供を授かり出産すると、親はこどもが大人になるまで守っていかなければいけないという強い使命感を持ちます。
守らなければいけない家族が増えるということは、その分責任感も強くなります。
なので仕事も育児も今まで以上に、頑張らなくてはと思う人が多いのではないでしょうか。

両親がいて子供がいてという生活が当たり前のように続くとだれもが思います。
これからの人生設計を考える時も、このままずっと元気に年をとっていけたらと想定します。
しかし人生何があるのかわからないというのが、だれもが不安に感じることです。
この不景気の時代で、急に職を失うこともあるかもしれません。

ただし一番困ってしまうことは、家族の大黒柱を急に失ってしまうことです。
急な病気や不慮の事故など、人生何が起こるかわかりません。
大事な家族がなくなってしまった場合、精神的にとても落ち込んでしまいます。

さらに、落ち込んでいるひまもなく、大黒柱がいなくなってしまったら生活費を確保できません。
なので真っ先に生活することに困ってしまいます。

とりあえず目先の生活のことを考えてばかりで、将来の教育資金を貯蓄するといった余裕はほとんどないでしょう。
いざ子供が成長して大きくなったときに、子供が望む進学をさせてあげられない場合が多くなってしまいます。

そういったときに学資保険はとても安心できる保険となっています。
一番のメリットである、契約者に万が一のことがあった場合の保証があるということです。

まず、毎月支払っていた学資保険の支払いは免除となります。
そして満期年のときにもらえる受取額は少なくなることがなく、そのままもらうことができます。
そういった契約者に万が一があった時の保障があるということが、学資保険のメリットだといえます。

保険の内容によって各社違いはありますが、万が一の場合の保証はほとんどの保険で適応されます。
しかし必ずというわけではないので、確認をしてから契約するようにしましょう。

保険会社によっては、契約者が三大疾病によって、重度の障害を持ってしまった場合でも適応される場合もあります。
将来の不安を抱えることが少ない方が、安心して子育てに専念することができます。
学資保険の契約の流れはこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.