教育資金の貯め方

加入年齢で学資保険シュミレーション

子供が生まれると学資保険の加入を検討する人が多いです。
実際半数近くの家庭が学資保険に加入しているケースが多いです。
今銀行の預金が低金利な為、子供のために貯金をしていても、利息は微々たるものです。
しかし貯蓄型の学資保険の場合は、同じ額を貯蓄していたとしても、返戻率が高いため、より少ない資金で同額の教育資金を貯めることができます。

ただし学資保険に関しては、払い込みの満期年が設定されています。
保険会社によっては、支払い開始の子供の月齢が決められているところがほとんどです。
なので0歳児で加入した際と、1歳児で加入した際では、掛け金に大きく差が出ます。
より毎月の掛け金の負担を軽くするためには、0歳児の早い段階で加入することが一番の条件です。

また毎月の掛け金は、契約者の年齢や性別によっても異なります。
子供年齢が上がるたびに、親の年齢も上がっていることになります。
なのでますます、保険が高額になってしまう場合が多いです。

どのぐらいの違いが出るのか知りたいという人には、ネットなどで気になる保険会社のHPにアクセスしてみてください。
そこで契約者の性別と年齢を選択し、加入する子供の生年月日を選択します。
学資保険で検討しているプランを選択します。
すると、毎月の支払額がすぐに計算されます。

学資保険の場合、ほとんどの人が毎月支払っている人が多いです。
なのでシュミレーションで計算された額が、毎月の家計のやりくりで問題なければ、加入の検討をしましょう。

詳しい内容を知りたい場合は資料請求などを行うこともできます。
また電話などでオペレーターの人に具体的な保証内容や契約に必要なものなどの確認をしましょう。

その際に、無理をして加入することは、あまりお薦めではありません。
なぜなら学資保険は、途中解約すると解約金の返金が元金をしたまわって損をしてしまいます。
なので無理なく続けられる金額から始めるように計画して学資保険を始めてみましょう。
学資保険の人気ランキング比較はこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.