教育資金の貯め方

安心・安全の学資保険

子供が生まれるといままでの大人だけの生活と異なり、いろんな面で出費が多くなります。
子供が生まれるまでは、こんなにお金がかかるんだと思わなかったという人が多いです。
特に子供が小さければ小さいほどお金墓からず、大きくなるとお金が必要になるといわれます。
すでに子育てを終えた世代の人に聞くと、口をそろえて、子供が小さいときにお金を貯めておきなさいといわれます。

いわれればいわれるほど、やはり将来の子供の教育費は心配になるものです。
今から少しでも将来の心配を軽減させるためには、子供の教育資金としての貯蓄を行うことです。
例えば目標額を貯めるために、より効率よく貯蓄する方法としては、学資保険があげられます。

学資保険の最大のメリットは、やはり安心感があるということです。
具体的に安心感とは、二種類あります。

まず一つは、万が一の時の備えです。
契約者に何かあったときに、困ることは、まず収入がなくなることです。
そして将来の貯蓄をする余裕がなくなるということです。
学資保険の場合は、契約者に万が一のことがあったときでも、契約時の満額歯受け取ることができます。
さらに毎月の掛け金も免除されるということです。

契約者に万が一のことが起きた時は、生活環境が一気に変わります。
そんな時でも将来の学費がすでに確保されていれ場、安心して今の生活のことだけを考えることができます。

もうひとつの安心は、保険型の学資保険があるということです。
学資保険として教育費を貯めるだけでなく、何か保険の対象になるけがや入院をした場合に、給付金を支払ってもらえるということです。

子供のけがなどで思った以上に医療費がかかることもあります。
小さい子供の場合は親が付き添う必要があり、共働きの場合は仕事を休まなければいけません。
そういった場合には、収入の代わりとしての役割があります。

保証を使用した場合、本来もらえる満額の教育費が減ってしまうプランもあります。
なので医療費の給付金の請求をする際に、保険会社さんに確認しておきましょう。

また学資保険では、リスクが少ないため安全性があるといえます。
同じ資金を教育資金としてためるためには、銀行の利息ではとても厳しい状態です。
なので株やFXなどの投資でなければ、そこまでの利益はえられません。
そうなると、元本割れしてしまう可能性がとても大きいです。

保険の加入する際に財力がある保険会社や人気の学資保険に加入しておくと安心です。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.