教育資金の貯め方

後悔しない学資保険選び

子供が生まれると、今では多くの教育資金がかかる時代といわれています。
良く経済番組などを見ていると、子供一人成人を迎えるまでに2000万円が必要になるといわれています。
それだけのお金は多くの家庭で、急に準備できるものではありません。
なので子供が生まれてから、必要な時にしっかり使えるように教育資金を準備しなくてはいけません。

自分で計画的に運用して、教育資金を貯める人もいるかもしれません。
しかし多くの人はその管理をすることが難しかったり、どのように選んだらいいのかわからないという人もいます。
何も知識もなくすすめられたものに加入して、後で後悔しない様にするためにも、加入前に保険の知識を身につけておくことが大事です。

一番学資保険で後悔してしまうポイントとしては、元本割れをしている保険に加入してしまった場合です。
今多くの家庭では、学資保険に加入する目的が、貯蓄重視の場合が多いです。

良く子供が小さいときにお金を貯めておかなければ、大きくなったらどんどんかかると周りの人に言われます。
学資保険の場合は、0歳児から加入することで、毎月の支払額が少なくなります。
それは、満期年が設定されているため、早く加入することで満期年までの期間が長く持てます。
一年遅くなるとその分支払い期間が短くなるため、毎月の支払い額が増えてしまいます。

そのことから、早い人では、妊娠後期から加入したり、生れてすぐに契約する人もいます。

その際にいろんな保険を比較して加入したのなら問題ありません。
しかし詳しい保険内容を知らないまま、加入してしまう人のほうが多いです。
新たに違う保険の存在を知り、そっちの方が満期の受取額が多くて損したと後悔する場合があります。
なので必ず貯蓄重視の場合は、元本割れしないもので返戻率が100%以上の学資保険を選ぶようにしましょう。

学資保険に加入する際に、必ず確認するべき点としては、契約者に万が一のことがあった場合えられる保証です。
ほとんどの場合、毎月の支払いが免除になり、契約当初の満額受け取り金額の満額がもらえるようになっている場合が多いです。
中には保険会社によって異なる場合があるので、しっかり確認しておきましょう。
学資保険を解約することのないようにご検討ください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.