教育資金の貯め方

人気の学資保険を徹底比較

教育費を計画にためたいという人に、学資保険を有効活用することがお薦めです。
学資保険も様々な保険会社からプランが出ているためどれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。
その場合、ネットなどで保険会社ランキング、プラン別ランキングなどが参考になります。

そんなランキング上位に常にある学資保険をいくつか比較したいと思います。

学資保険で特に魅力的に感じる部分は、返戻率の高さです。
学資保険に貯蓄性を求めている人が多いため、高い返戻率の保険会社がランキングの上位に入っています。

中でも高い返戻率として111%のフコク生命の学資保険「みらいのつばさ」も人気です。
次に高い返戻率であれば、105%のアフラック「夢見る子供の学資保険」やソニー生命の学資保険も同じ返戻率です。
個人で銀行に預けるよりも高い利息がえられることから、学資保険を選ぶ際には、とても重要視されているところになります。

この3つの会社は、支給の受取時期の違いがそれぞれ違いがあり特徴的だといえます。

フコク生命では、3歳6歳12歳15歳18歳20歳22歳と各年代に合わせて、給付金が支払われます。
大学入試など歯とても大きな費用がかかりますが、それまでの入学に関しても、ある程度の教育費がかかります。
少しでも足しにすることで生活を楽にすることができます。
またこどもが二人以上いる家庭では、同じ学資保険に加入することで、毎月の保険料が割安になるというサービスもあります。
わずかな額でも、支払い年数が長い分、とてもお得になります。

アフラックの「夢みるこどもの学資保険」では、シンプルで分かりやすいのもメリットです。
受験対策で教育費がかかる17歳の時期と、大学入学や新生活のために費用がかかる18歳のときに支給されるようになっているプランです。
多くは払込金年数が18年のところがおおいですが、アフラックの場合は、子供が10歳までに完済するプランもあります。
完済後は、老後の貯蓄へとシフト変更することもできるので、学資保険を早めに切り上げたい人にお薦めです。

ソニー生命の学資保険は、満期型の選択ができ、中学受験、高校受験、大学受験のどれに比重を置くかによって保険プランが選べます。
また意外に大学卒業ともに新生活を送る際の費用がかかることを忘れてしまいがちです。
そんな準備金として受け取れるようにも設定できるようになっています。

それぞれ各社特徴があるため、自分のライフスタイルや性格的なものも含めて、家庭に合った学資保険と検討してみましょう。
三井住友や農協の学資保険も比較してみてください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.