教育資金の貯め方

学資保険の名義は誰がベスト?

子供が生まれると多くの人が加入の検討をするのが学資保険です。
学資保険には、将来の学費として貯蓄型のものを選択する人もいます。
それと同時に子供の生命保険が含まれた学資保険を選ぶ人もいます。

主に貯蓄型の学資保険の場合は、元本割れをしてしまうと貯蓄の意味がなくなってしまいます。
なので加入する際には返戻率をしっかり確認し、100%以上のものを選択するようにしましょう。

またお子さんの進学に合わせ、どのような形で受取金を決めるかによっても、返戻率が異なります。
よってどのような形が教育方針に沿っているのか、考えたうえで契約しましょう。

保険型の場合は、具体的にどのような保障が最低限ほしいのかを決めたうえで、返戻率のいいものを選ぶとよいでしょう。

どちらの保険にしても、契約する際に、契約者の記入が求められます。
学資保険において契約者は主に家計の生計を握っている人が契約者となった場合がいいとされています。

なぜなら生計者がなくなってしまうと、まず家計に収入がなくなってしまいます。
そして本来なら、これからためる予定であった教育費を貯蓄できなくなってしまいます。
なので契約者を生計者にしておくことで、万が一のことがあっても将来の教育費を確保することができます。

さらに子供が小さい頃は、女性が産休や育休を取得していたり、離職してしまっているケースが多いです。
なので収入がどちらか一方に偏ってしまいます。
そうなった場合契約者を生計者にしておくことで、将来の心配を少しでも軽減させることができます。

ただし共働きの場合は、生計が多い方を優先することにしてもいいでしょう。
余裕がある場合は、それぞれの契約者の名前で学資保険をかけてもいいでしょう。
しかし学資保険には制限がありますので、検討を重ねたうえで決めましょう。

また保険会社によっては、男性と女性では、女性の方が同じ満額支給でも掛け金が安い場合があります。
また年齢も若い人ほど掛け金が安くなっているので、生計者が高齢の場合などは、一度パートナーの学資保険の見積もりも出してもらいましょう。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.