教育資金の貯め方

キッズ生命保険と学資保険

子供が生まれると多くの人が心配になるのが、教育資金です。
学力重視の社会の中で、子供には苦労をかけたくないと考える親御さんがとても多いです。

実際経済力がある家庭では、塾などにも積極的に通わせている家庭が目立ちます。
やはり塾に通っている子供ほど学力も向上しています。
そうなると家庭の経済力と子供の学力が比例しているという調査結果も出ています。

なので子供への教育資金はいくらあっても足りないと思う家庭が増えてきています。
もし子供が望む進学を親の都合で断念させたくないと思う親御さんが行っているのが、学資保険です。
学資保険の一番の目的は、将来のための教育資金を計画的にためるということです。
なので、元本割れするものではなく、掛け金よりも多くもらえる学資保険に加入することがお薦めです。

また一番大事なことは、もし契約者に何かあった場合、学資保険の支払いが難しくなる場合が多いです。
そんな場合でも安心して計画的に貯蓄できるように、契約者が死亡した場合支払いが免除になるものを選びましょう。

ほとんどの学資保険では、今無条件で支払いが面上になるケースが多いです。
それ以外でも脳梗塞などで、重度の障害を持ってしまった場合などで働けなくなった場合でも支払いが免除になる場合もあります。
心配な人はそのような保証もそろえられておくといいでしょう。

また学資保険とは別にキッズ生命保険もあります。
これは子供の怪我や入院、治療にかかる費用などをサポートしてくれるものです。

こどもは成長ともに、けがが増えてきます。
特に幼稚園などに通うようになると、団体生活を送ることになります。

すると一番多いのが感染症にかかるということです。
インフルエンザなども含まれますが、アデノウィルス、ノロウィルスといったウィルス性の感染症で症状が悪化してしまう場合があります。
脱水症状や免疫力の低下などで入院生活を送る場合もあります。

そういった時に仕事をしているお母さんは仕事を休まなければいけないなど収入に大きく影響を受ける場合があります。
なので子供の入院保険などを、収入や治療にも当てることができます。
子供の怪我や入院は急なことなので、備えはしっかりしておく方が安心です。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.