教育資金の貯め方

中学受験のための学資保険

今では子供の進学に関して、選択肢がとても多くなりました。
今までは、自分たちが住んでいる校区にしたがって、近くの学校に進学する場合が多かったです。
今では私立幼稚園、小学校、中学校も増えてきたことで、早期受験を希望する親御さんが増えました。

その背景には、学校以外で塾などに通う年代がどんどん低学年化していることがあげられます。
昔は高校受験か大学受験の対策として、中学生や高校生が塾に通うことが多かったです。
今では小学生から塾に通うことが多くなってきているため、中学受験を希望する人も増えてきています。

高校受験でよりレベルの高い学校に進学するためには、中学校での勉強がとても大事になります。
なので中学生のころから高いレベルの勉強環境におきたいと考える人が増えています。

中学受験はほとんどが私学になるので、高校受験と同じぐらいの入学金が必要になります。
しかし兄弟がいた場合などは一番教育費がかかる時期になります。
受験が重なれば重なるほど、教育費がまとめて必要になります。
そんな時に、子供一人ひとりに学資保険をかけておくと、必要な時に応じて教育資金を受け取ることができます。

子供が多くなるほど、平等にしてあげたいと思うのが親心です。
しかし一人ひとりのために貯蓄してあげることが大変になります。

学資保険では、保険の種類によって受け取り方も自由に設定できるものもあります。
子供の中学受験を早い段階で考えている人には、その時期に教育一時金を受け取れるような保険に加入しておきましょう。
今では幼稚園、小学校、中学、高校、大学、成人などの教育費がかかる時期に合わせてお祝い一時金として教育費を受け取れるように設定されています。

もし幼稚園などのお祝金は受け取らす先送りすることもできるので、欲しいと思う時に必要な金額を受け取ることができます。
最初から大学に標準を合わせて契約した場合は、中学などで受け取れない場合もあります。
なので契約時に、中学受験で受け取りたくなった場合可能どうか確認しておきましょう。

将来の進学に関しては、その時になってみないと確実にわからない場合があります。
なので学資保険に加入する際には、どこまでの融通が利くのかということをあらかじめ確認しておきましょう。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.