教育資金の貯め方

個人積立と学資保険

子供が生まれると、いろんな面でお金が今まで以上にかかります。

そんな中、不安になるのが将来の設計です。
特に子供の教育資金はとてもお金がかかるといわれています。
子供一人が社会人になるまでにかかる教育費は、1人当たり2000万円かかるといわれています。
だれもが急にそれだけのお金がかかると聞いたら、不安になります。

そんな将来の不安を解消するためにも、計画的に貯蓄をするということが大事です。
なんとかなると軽視していては、確実な貯蓄は難しいです。

貯蓄の方法としては、個人貯蓄という方法があります。
それは毎月決まったお金を定期的に貯蓄するということです。
今は定期預金で預けても、銀行の利子はとても低くなってしまっています。
そこで銀行に預けてもと思う人もいるでしょう。

しかしいつまでもこのような低金利時代がつずくとは限りません。
銀行に預けておけば、時代の流れによって金利が高くなったり、違うものへと運用することができるというメリットがあります。
お金が自由に動かせるため投資などを行う人には、個人積み立てをする方が運用しやすいといえます。

また運用などをしない人でも、積み立てでお金がたまっている方が貯蓄しているという時間がえられるという人もいます。
それ以外にも、収入が安定しない人にとっては、今月は貯蓄する余裕がないと感じたら無理にためなくてもいいという選択肢もできます。
将来のことも心配ですが、今の生活をしっかり安定させることのほうが大事です。
無理ない貯蓄を行うのが理想です。

教育資金を貯めるという意味では、学資保険もとても有効的です。
学資保険のメリットは、やはり決まった額を自動引き落としにすることで、確実に決まった額が貯蓄できるということです。
自分で考えて貯蓄するのが面倒だという人、強制的に貯蓄しなくては溜まりにくい人にもお勧めの方法です。

満額でもらえる金額を設定することで、毎月決まった金額を自動引き落としする人が多いです。
無理ない金額を設定しおくことで、確実な貯蓄ができます。

また保険としての要素も学資保険の魅力といえます。
それは万が一契約者が死亡した場合でも、その時点で支払いの義務がなくなり、設定した満額を決めた時期にもらうことができるということです。

自分の性格や生活スタイルに合った教育資金のため方を考えてみましょう。
学資保険と生命保険の比較もしてみてください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.