教育資金の貯め方

主婦が選ぶ間違いない学資保険

赤ちゃんを妊娠すると女性は、ある一定の期間仕事から離れ、子育てに専念する時間が増えます。
共働きの世帯でも女性が産休や育休をとるケースが多く見られます。
中には出産を機に離職して、主婦として新たな生活が始まることになります。

仕事から離れて主婦になると、普段気付かなかったお金の重要さに気付くことができます。
やはり収入が減ることで、限られた中でどうお金を運用していくのかということを真っ先に考えます。

特に子供に将来お金の心配をかけたくないと思うのが親心です。
そして親の財力で子供の進学が限られてしまうのは、親として情けなくも感じます。
そんな思いをしない、させないためにも将来必要な教育資金を確保しなくてはいけません。

子供を大学まで卒業させるためには、1人当たり1000万の費用がかかるといわれています。
これが私立の学校に進学した場合は、さらに1.5倍近くの学費が最低でも必要になります。
これだけのお金は、数年で簡単にためられるものではありません。
特に一般的な家庭では、何とかなるかなと思って過ごしていても自然とたまる資金ではありません。

いざ子供が大きくなるにつれて、焦っても時すでに遅しという場合が多いです。
そういった思いをしないためにも、計画的に教育資金を貯めなくてはいけません。
具体的にいくら必要ということは今すぐ細かい数字はわかりません。
だからこそ困らないぐらいの資金を確保しなくてはいけません。

大きなお金を貯める時には、毎月毎日の細かい積み立てが大事になります。
たった一万円と思っていてもこれが18年続くと200万近い金額を貯めることができます。
目標額を決めて、その額に対して、今の生活レベルまで繰り下げて考えなくてはいけません。

しかし自分1人ではそれが難しいと感じる人には、学資保険がお薦めです。

主婦として、毎月の生活のやりくりを任されている人が多いです。
なので毎月の生活費の中でやりくりが可能な額を将来の教育費としてコツコツためていかなくてはいけません。

そんな可能な額を学資保険に加入していきます。
学資保険は自動引き落としにすることで、強制的に貯蓄に回すことができます。
自分で貯蓄するよりも、強制力もあり、確実にたまります。
毎日の家事に関しても、節約意識も高まりますし、堅実な方法であるといえます。

ただし解約すると、今までの掛け金の元本より払戻金額が少なくなってしまいます。
なので、決して無理のない額にし、もしリストラや減給などがあっても継続して支払い続けられる額で設定しておきましょう。
もしものことがあっても解約することなく、将来の貯蓄を確保することができます。
ファイナンシャルプランナーに相談して学資保険を見直すのも1つの手かもしれません。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.