教育資金の貯め方

学資保険の落とし穴

子供が生まれた際に多くの人が加入するかどうか悩むのが、学資保険です。
学資保険に実際加入する人はおよそ半数以上と、とても高い確率です。
なぜそこまで確率が高い理由は、やはり将来に対する不安と早い段階で準備をしていきたいという思いがあるからです。

しかし子供ためにせっかく準備をした学資保険の内容を、細かく説明できるまで理解できている人は少ないです。
それだけしっかり理解しないままはいってしまっている人が多いということです。

そんな人の中には学資保険に入ってから後悔するような落とし穴に気付く人もいます。
最も一番後悔してしまう落とし穴は、元本割れをしている場合です。
学資保険には貯蓄型を保険型の学資保険があります。

中でも保険型の学資保険は、元本割れしているケースがとても多いです。
それは、子供の入院やけがや手術などに充てられる金額は掛け捨てになっているからです。
単純にその金額分が積み重なった分元本割れてしてしまいます。

毎月の支払額だけを気にして、総額と給付金額の比較をしっかり行わなければ、元金割れしているということに気付かない状態になってしまいます。
そのことに気づいて学資保険うぃはいりなおしたいと思っても、解約した場合のほうがより元金割れを起こしてしまいます。
なので必ず、貯蓄性を求めるのか保証をとるのかどちらを優先したいのかを明確にしてから学資保険に加入しましょう。

そしてもう一つは、家計に無理のない金額で契約をするということです。
いくら子供の教育資金が必要でも、今の生活が困難になってしまっては意味がありません。
なので収入の1割程度にとどめておくようにしましょう。
もし加入してすぐに解約の手続きをしてしまうと、当然元本割れしてしまいます。

それは加入年数によって、返金の割合が変わります。
加入年数が短いほど返金律が低いため損をしてしまいます。
なので無理のない支払いで学資保険を始めることが、大事になります。
学資保険を解約することのないよう検討してください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.