教育資金の貯め方

外資系学資保険って大丈夫?

子供を持つ世代の中で、ほとんどの人が学資保険を検討したことがあると答えています。
そのうちの半数の人が、実際に学資保険に加入しています。
学資保険に加入しなった人の意見の中には、保険会社が外資系の場合不安を感じると思う人が多いようです。

特に日本の場合、何に関しても国産にこだわる傾向があります。
食事にしても、衣服なども国産のものにこだわる人が多いです。

それは日本が島国のため、周りの国との接点が身近ではありません。
なので、国内ですべてのものをそろえようと、先人たちは考えて生活してきました。
しかし、開国とともに外国産のもの多く取り入れられるようになりました。
今では当たり前のように、日常生活にあふれていますが、どこかで国内のもののほうが安心感を感じる人が多いのではないでしょうか?

それは保険に関しても同じように思う多いです。
特に数十年前に、保険会社の合併などが一時期とても多くありました。
今まで保険会社が破たんするということは考えたこともありませんでした。
しかし、保険会社が破たんすることで、保証が受けられなくなるのではといった心配が懸念されるようになりました。

経営破たんがあると保険会社を信用してもいいのかという不安があります。
そこになおかつ外資系の保険会社では、何かあったときにすぐ撤退してしまうのではと不安になる人が多いです。
今までせっかくかけてきた掛け金が、無駄になってしまうかも知れないと恐れている人が多いです。

しかし以前保険会社が経営破たんした際に、その会社の買収をして契約者の保障を守ってくれたのは、外資系の保険会社です。
なので日本の保険会社だから、外資系だからといった心配はほとんどありません。
特に外資系の場合は、返戻率が高い学資保険が多いため、とても魅力的なものが多いです。

どうしても心配な人は、保険会社には格付けというものがあります。
その格付けはいろんな観点から判断され、保険会社が財力的にどれだけ能力があるかということが分かります。
財力が安定している会社ほど、お金の運用が上手にできている会社だといえます。
なので安心して契約することができます。

外資系か国内かというよりも、保険会社として評価が高い会社で契約をすることがお薦めです。
アフラックの学資保険は貯蓄型で評判が良いです。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.