教育資金の貯め方

学資保険で効率的な積立て

学資保険に加入する際に、これから人生設計も同時に考える人も多いでしょう。
保険は万が一のときに備えて行うものです。
しかし今の学資保険の認識は、将来の貯蓄を目的として加入している人のほうが多いです。
なので返戻率をしっかり把握した上で加入する必要があります。

返戻率とは、掛け金の総額に対して満額の給付金の総額が途のぐらいの割合で支給されているのかを表したものです。
100%の場合は、掛け金の総額と給付金の総額が同額ということで、得もなく損もなくといったところです。
100%以上の返戻率があることで、学資保険のほうが得だと感じ加入するする人が多いです。

ただし学資保険とは、終身保険の次に長期で保険に加入することになります。
長い人で約18年間、保険料を支払わなくてはいけません。
そう考えたらとても長いお付き合いになります。
なので慎重に加入する必要があります。

今では昔と違い銀行に預け入れしても、数パーセントほどしか利子が付きません。
なので持っていても、同じお金を賢く運用していくためにいい手段が学資保険です。

学資保険では今の不景気では考えられない、高い返戻通が一番の魅力です。
210万の満期保証金に対して、実際支払っている金額が191万弱とやく20万ほどプラスの利益をえていることになります。
これだけの利子を受け取ろうと思えば、一般の銀行では低金利が続いているためとても厳しい状態です。

さらに学資保険ならメリットとして、契約者の万が一の時には払い込みが免除になります。
そして契約当初の満額の教育費も同時に確保することができます。
低金利の今では一番効率的な貯蓄方法といえます。
ほとんどの場合は自動引き落としにしている場合が多いため、貯蓄が苦手な人でも強制的に決まった額が必ず貯蓄に回されていきます。

特に子供はどんどん成長していってしまいます。
なので必要な時期に教育費をため込むには、早く教育資金を確保していかなくてはいけません。
なのでより効率が良く預貯金を増やしていくのに学資保険はとてもゆ優位です。
また学資保険は年末調整で控除できるのでご活用ください。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.