教育資金の貯め方

加入前に知る学資保険の裏側

学資保険は特に加入前年数も長いため、学資保険の裏側を知っておく必要があります。

まず加入する前に、この保険会社の18年後は安心できるのだろうかということを一番に考えなくてはいけません。
学資保険以外の保険は、死亡した場合すぐに支払われるため、その時々の財政や対応の早さなども重要になります。
しかし学資保険の場合は、支払い期間と給付金の支給に関してずれが生じる場合があります。
学資保険料の控除についてもしっかりと知識をつけたいところです。

例えば18歳まで払い込みですが、給付金が支給されるのが18歳のときに半分それ以外は、20歳や22歳と決められている場合があります。
教育資金としてためていても払い込みが終了したからといって、その時にすべてもらえるとは限らないということです。
よって一番気をつけなければいけないことは、保険会社とながいつきあいになるため信用できるかどうかが一番のポイントになります。

18年後払い込み終了後に本当に給付金が費振り込まれるのかどうか、不安に感じる人もいるでしょう。
もしその間に保険会社が破たんしてしまったらどうしよう、などと考えると加入前にためらってしまう人もいます。
そういった不安を抱えながら学資保険の支払いをするのは、とても将来が不安になります。
なのでまず自分が契約する会社が信頼できるかどうか見極めましょう。

まず保険会社の対応の仕方です。
コールセンターの対応や、営業マンの接客の態度、迅速な対応をしてもらえるかどうかなどチェックしておきましょう。
質問に対して、しっかり答えられる営業マンであれば、安心してお任せできるでしょう。

また客観的に会社の財力がどれほどあるのかということも知っておくべきです。
支払い能力があるかないかを判断する方法として、ソルベンシーマージン比率を調べておくと安心です。

ソルベンシーマージン比率とは、支払いの余力がどれだけあるかを示しています。
行政上200%あれば問題ないといわれ手いますが、この数値が高ければ高いほど、財力に余力があるということです。
大手の保険会社で1000%を超えているところもあります。

またもう一つの判断基準では、保険会社のランクを知ることです。
保険会社の経営状態を同業他社と比較してタンク付けされています。
保険会社のランキングが分かるHPもあるので、人のある学資保険の会社と比べてどのぐらい違いがあるのかなど事前に知っておきましょう。

本来なら会社内部の情報ですが、保険は信頼を売る業種でもあります。
なので自分で安心できると確信してから契約することがお薦めです。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.