教育資金の貯め方

教育費として学資保険は万能か?

子供が成長していくたびに、大きな負担になっていくのが教育費です。
小さいころから英才教育が取り組まれるようになり、今では未就学児から習い事などに通っている場合が多いです。
その背景には、お受験の低年齢化が一つの理由としてあげられます。

今までお受験といったら、高校受験や大学受験を思い浮かべる人が多かったです。
しかし今の子育て世代のお受験は、幼稚園や小学校のお受験を想像される人も多いです。
このようにお受験の幅が広がったことで、お受験対策の塾などに通うこどもがとても増えました。

そういった時代背景から、子供に対して親がかける教育資金は年々高くなる一方です。
いくらお金があっても教育資金は足りないと感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな教育資金を効率よくためる方法の一つに、学資保険があげられます。
学資保険の中でも、返戻率が高く設定されているプランは、銀行の金利よりも十分多く利子分をもらうことができます。
さらに契約者が万が一のことが起きても満額支給され、亡くなった時点で掛け金が免除されるとい特徴があります。

しかし教育資金をすべて学資保険負だけに依存しないことです。
なぜなら学資保険は、高い返戻率ですが、途中解約をした場合元本を割ってしまいます。
もし急なリストラなどで支払いが困難になった場合などは、解約した際に損をしてしまいます。
なので何かあったときでも、無理なく支払い続けられる金額の学資保険で抑えておこくことがポイントです。

また教育資金には大きく分けて二種類あります。

まず一つ目は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学それぞれの入学時に必要な入学金です。
これらは一時的に、多くの出費が必要になります。
なので急に用意できる金額ではない場合もあります。
このようなお金に関しては学資保険で積み立てっていたお金を給付金として使用するように設定しておくと安心です。

さらにもうひとつの教育資金は、毎月かかる塾や習い事のお金です。
これは毎月の家計のやりくりの中で、支払える範囲で行うようにしましょう。
また短期留学や夏期講習などにも参加できるぐらいの余裕のある教育資金があると安心です。

この二種類の教育費が一緒になってしまうと、必要な時にお金が足りないという事態になってしまいます。
なので、しっかり分けて貯蓄していきましょう。
そのためには解約しない限り、手元に現金として戻ってこない学資保険をまとまった資金のときに使用するように設定しておきます。
そして毎月の教育費と余裕があれば教育資金の貯金を少しづつしておくと、イレギュラーな出費にも対応できます。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.