教育資金の貯め方

3歳までに加入 学資保険

子供が生まれると、色々なところから学資保険の勧誘を受けます。
真剣に考えている人もいれば、そうでない人もいますが、必ずどんな親御さんでも学資保険というフレーズを知っている人は多いです。
それだけ多くの保険会社で扱っていて、多くの家庭で指示されているからこそ学資保険の必要性を感じる親御さんが増えています。

子供が生まれて早い段階で進められるのには大きな理由があります。
それは0歳児から加入したほうが、毎月の掛け金の負担額が少なくて済むからです。

学資保険の場合、プランによって異なりますが多くは18歳で払い込み満了と設定されています。
なので必要額の教育資金を18年かけて貯蓄していく計算になります。

しかしこれが一才を過ぎてしまうと、本来18年かけて貯めていくものを17年で払い込みをしなくてはいけなくなります。
すると当然毎月の保険料が高くなってしまいます。

子育て世代の家庭では、子供が生まれたら今まではなかったいろんな出費が増えていきます。
なので早い段階で学資保険に加入することでで、将来の教育資金分を早めに確保することができます。

1歳や2歳になってしまうと、子供がいる生活に慣れてしまい、そこから学資保険のお金を捻出することが大変になります。
さらに保険料が0歳児の時よりも、負担額が増えてしまうため、ますます加入しにくくなってしまいます。

そんななか一つの加入のきっかけとして、3歳までに加入することがお薦めです。
それは3歳ごろになると、行動範囲も広くなりとても活発になります。
今では幼稚園も三年保育が主流のところも増え、学校に通う時期になります。

するとけがをする機会や、感染症で入院するといったケースも多くなります。
なので学資保険の保険型を検討している人は、入学前にしっかりと加入しておく様にしましょう。

また貯蓄目的の人でも、子供が幼稚園に通うことで時間的にも余裕ができます。
なのでパートなどで働きに行く人もいます。
そうすると家庭の収入源が増えることで、あきらめていた保険にはいいてみようかなと検討することができます。

保険会社のプランによっては、0歳児から加入していると、一番最初に給付金が支給されるのが3歳の入園に合わせられています。
なので周りの親御さんの中では、さっそくお祝い一時金を手にし手いる人もいます。
実際にしっかり給付を受けたと知ると、それが安全で安心して学資保険に入れるきっかけにもつながります。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.