教育資金の貯め方

0歳から入る学資保険

産後外出するようになると、子供を通じていろんな人と接することが増えます。
そうなると必ず話題になるのが、育児や家計のやりくりについてです。

今まで社会人として働き、出産とともに離職する人や産休や育休をとる人もいます。
なので今まと家庭環境も変われば、家計事情も変わります。
家族が増えると、小さな子供でも居・食・住に関してお金がかかります。

収入が減り、生活費が上がると心配になるのが将来必要となる教育費です。
子供が大きくなればなるほど費用がかかるといわれているのに、この先大丈夫なのだろうかと漠然と不安に感じる人がいます。

そんな時に安心をえるためにも、学資保険はとてもいい保険だといえます。
学資保険では、貯蓄性を重視したプランがとても増えてきています。
返戻率が100%を超えるもであれば、掛け金の総額よりも多くもらえるため、お得な保険になります。

学資保険の場合、満期年というものが決められています。
満期年は保険会社のプランによって異なります。
およそ18歳が大学受験で多くの教育費がかかるため、18歳を一つの基準としている会社が多いです。
なので、契約が遅くなればなるほど、毎月の掛け金が高くなります。

毎月月別計算する会社もあれば、1歳になると一気に掛け金が上がる保険会社もあります。
また6ヶ月毎に保険料が上がるプランがあるなど、保険会社によって異なります。

確実に言えることは、1歳過ぎてから契約すると0歳児に契約するよりも掛け金は確実に高くなります。
そして早く学資保険に加入することで、契約者に万が一のことが起きたときの保障がしっかりと受けられます。
掛け金の負担がなくなるだけでなく、満期年になったら掛け金を支払っていなくても、契約当初の満期額を受け取ることができます。

特に0歳児の時は、母親の社会復帰をしていない場合が多いです。
社会復帰してしまうと、毎日の生活に追われ、学資保険に関して考える時間もなかなかとれません。
なの産休の間にじっくり保険の比較を行い、自分の家庭に合った学資保険に加入しておくことがお薦めです。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.