教育資金の貯め方

何を重視する?学資保険選び

子供が生まれると、何かと出費が多くなります。
しかし子育てがひと段落した世代は、子供が小さいころしか貯蓄ができないからとよく言われます。

そしてメディアなどでは、子供が社会人になるまでに必要な教育資金は一人当たり1000万以上かかるといわれています。
これだけの大金を数年間で貯めるのは、一般家庭ではとても難しいです。
なので子供が小さい時から計画的に教育費を貯めなければいけません。

そんな背景から生まれたのが学資保険です。
主に一番お金が必要となる年齢に重点を置いて教育資金を貯めることができます。
どのようにためたらいいのかわからないという人や自分ではなかなか貯蓄できない人にお薦めです。
学資保険とこども保険の違いはこちらを参考にしてください。

学資保険では主に、二種類の保険内容があります。

一つ目は貯蓄重視のものです。
子供の保険保証がなく、貯蓄として給付金受け取るといった方法です。
払い込み完了の時期や満期給付金やお祝い一時金の支払い時期が各保険会社によって違います。
一番かかる大学に支払いの重点を置いている保険、進学ごとにお祝い一時金として数回に分けて給付される場合もあります。
中学や高校を私立に行かせたいという希望がある人は、進学ごとに給付金があれば教育費の足しになります。

このようにどのような教育方針化によってもプランの選択が変わってきます。
またプランによっても、返戻率が異なる場合が多いです。
なので元本は絶対に割らないように、より高い比率が確保できる学資保険を選びましょう。

またもう一つの学資保険のタイプは、保険重視型です。
子供は小さい時でも大きくなってもけがや入院が絶えない時期でもあります。
特に子供が小さい頃は、入院の場合付き添わなくてはいけないためどちらかが休まなくてはいけない状態です。
共働き世代では、特に付き添いのかん収入が減ることになるので、生活に困ってしまいます。
そんな時には、給料の補てんのつもりで保険金を受け取ることができます。

子供でもいつどのような病気や事故に巻き込まれるかわかりません。
なので、そいった時の備えも兼ねと教育資金を確保するための貯蓄が一体型になった学資保険もあります。
保証も受けたいという人は、まずどの保証内容を重視するのか考えてから加入するようにしましょう。
入院一日当たりの給付金なのか、子供の死亡保険なのかなどがあげられます。

まず貯蓄型にするのか保険型にするのかで学資保険の内容が大きく変わります。
アフラックやソニー生命などの学資保険を比較して自分にぴったりの学資保険を探しましょう。

Copyright(C) 2013 教育費は計画的に All Rights Reserved.